■ 下塗り 水性 上品 錆の上から直接塗れる水性のサビ止め塗料 サビキラープロシリーズ RUSTLOCK ラストロック サビ転換下処理剤 卓出 バンジ注:別途ラストロック専用ガンが必要です サビキラープロ さび封じバンジー BAN-ZI 280g×6本 ガンブラック色 サビキラーPRO水性錆転換塗料 BANZI

■【下塗り】 ■【水性】錆の上から直接塗れる水性のサビ止め塗料! ■【サビキラープロシリーズ】【RUSTLOCK ラストロック】【サビ転換下処理剤】サビキラープロ/ガンブラック色【280g×6本】BAN-ZI BANZI サビキラーPRO水性錆転換塗料 さび封じバンジー/バンジ注:別途ラストロック専用ガンが必要です

■ 下塗り 水性 上品 錆の上から直接塗れる水性のサビ止め塗料 サビキラープロシリーズ RUSTLOCK ラストロック サビ転換下処理剤 バンジ注:別途ラストロック専用ガンが必要です サビキラープロ さび封じバンジー BAN-ZI 280g×6本 ガンブラック色 サビキラーPRO水性錆転換塗料 BANZI 11669円 ■【下塗り】 ■【水性】錆の上から直接塗れる水性のサビ止め塗料! ■【サビキラープロシリーズ】【RUSTLOCK ラストロック】【サビ転換下処理剤】サビキラープロ/ガンブラック色【280g×6本】BAN-ZI BANZI サビキラーPRO水性錆転換塗料 さび封じバンジー/バンジ注:別途ラストロック専用ガンが必要です 花・ガーデン・DIY DIY・工具 塗装用品 塗料缶・ペンキ blog.contentproz.com,11669円,BANZI,/geotherm208300.html,サビキラーPRO水性錆転換塗料,花・ガーデン・DIY , DIY・工具 , 塗装用品 , 塗料缶・ペンキ,ラストロック】【サビ転換下処理剤】サビキラープロ/ガンブラック色【280g×6本】BAN-ZI,■【下塗り】,■【サビキラープロシリーズ】【RUSTLOCK,さび封じバンジー/バンジ注:別途ラストロック専用ガンが必要です,■【水性】錆の上から直接塗れる水性のサビ止め塗料! blog.contentproz.com,11669円,BANZI,/geotherm208300.html,サビキラーPRO水性錆転換塗料,花・ガーデン・DIY , DIY・工具 , 塗装用品 , 塗料缶・ペンキ,ラストロック】【サビ転換下処理剤】サビキラープロ/ガンブラック色【280g×6本】BAN-ZI,■【下塗り】,■【サビキラープロシリーズ】【RUSTLOCK,さび封じバンジー/バンジ注:別途ラストロック専用ガンが必要です,■【水性】錆の上から直接塗れる水性のサビ止め塗料! 11669円 ■【下塗り】 ■【水性】錆の上から直接塗れる水性のサビ止め塗料! ■【サビキラープロシリーズ】【RUSTLOCK ラストロック】【サビ転換下処理剤】サビキラープロ/ガンブラック色【280g×6本】BAN-ZI BANZI サビキラーPRO水性錆転換塗料 さび封じバンジー/バンジ注:別途ラストロック専用ガンが必要です 花・ガーデン・DIY DIY・工具 塗装用品 塗料缶・ペンキ ■ 下塗り 水性 上品 錆の上から直接塗れる水性のサビ止め塗料 サビキラープロシリーズ RUSTLOCK ラストロック サビ転換下処理剤 バンジ注:別途ラストロック専用ガンが必要です サビキラープロ さび封じバンジー BAN-ZI 280g×6本 ガンブラック色 サビキラーPRO水性錆転換塗料 BANZI

11669円

■【下塗り】 ■【水性】錆の上から直接塗れる水性のサビ止め塗料! ■【サビキラープロシリーズ】【RUSTLOCK ラストロック】【サビ転換下処理剤】サビキラープロ/ガンブラック色【280g×6本】BAN-ZI BANZI サビキラーPRO水性錆転換塗料 さび封じバンジー/バンジ注:別途ラストロック専用ガンが必要です








BAN-ZI BANZI バンジ

錆をロックする!
RUSTLOCK
ラストロックシステム

 ガン噴き革命!サビをロックする! 新製品「ラストロックシステム」
・ガン噴き革命!セットして噴くだけ「クイック&イージー」

・今秋発売のラストロックシステムは、セットして噴くだけ!用具の清掃や洗浄は一切不要!
 サビキラーシリーズとの強力なタッグで車両下まわりの塩害をブロックします。

・特殊ジャバラ構造で、上向きや下向きでの噴射も可能に!
 今までカップガンがぶつかって塗装が困難だった場所でも、
 カートリッジの向きを自在に変えて動かしながらの塗装を実現します。

クイック&イージー!!簡単3ステップ
1.カートリッジをガンに装着!!
2.先端のピンを抜く!!
3.トリガーを引いて即塗装!!


RUSTLOCK(ジャバラ)カートリッジ型専用塗料は下記の4種類
■サビキラーPROガンブラックとは

●元祖!水性錆転換塗料「サビキラープロ」に加わった新色
ガンブラック(ガンメタ色)でさらに存在感がUP!

●元祖!水性錆転換塗料「サビキラープロ」
  サビを根こそぎ封じ込めます!
●サビをロック!効果抜群にて発売当初よりリピーター続出
●水性だから臭いもなく・引火性もなく安心してご使用いただけます



1,サビの上に直接塗れます(錆取り不要)
 従来の錆止め塗料はケレン作業(サビ取り)が必須で、不充分だと何を塗ってもサビの再発生が防げません。
 しかしサビキラープロは錆転換機能付きの塗料なので、サビにそのまま直接塗装しサビの進行を止めます。

2,ケレン作業の手間が省けます
 従来サビの再発を予防するには面倒なケレン作業が不可欠でした。
 しかしサビキラープロはケレン作業の手間も経費もカット。

3,水性です
 従来の錆関連商品はほとんどが溶剤(油性系)であるのに対しサビキラープロはなんと水性塗料です。
 そのためシンナー等の臭いの問題もない環境配慮型塗料です。さらに水性なのに速乾性が高い為作業性もアップします。

4,鉄部が湿っていても塗装が可能です
 従来の溶剤(油性系)塗料は塗布面が完全に乾いていないと塗装が出来ませんでした。
 しかしサビキラープロは水性なので鉄部が少々湿っていたり濡れていてもウエス等で拭き取ってからの塗装も可能です。

5,施工が簡単で取り扱いやすいです
 サビキラープロは塗膜の上でも、サビの無い部分でも、もちろんサビの発生部でも区別なく塗れる抜群の作業性があります。

6,亜鉛メッキにも塗装が可能です
 通常亜鉛メッキには塗料が密着しにくく、塗装は困難とされてきました。
 しかしサビキラープロは亜鉛メッキに密着が良好で、サビた部分のタッチアップのみでも全面塗装でも塗装が可能。

7,錆止めプライマーとしても使用が可能です
 サビキラープロはサビた部分は錆転換、
 またサビていない金属に塗った場合は錆止めの効果があり、上塗りをする前の下地処理に最適です。また上塗りも選びません。

8,上塗りに油性系塗料の塗装が可能です
 サビキラープロは、上塗りに溶剤(油性塗料)の塗装が可能な(上塗り剤を選びません)画期的な塗料です。
 ※塗装間隔は厳守してください。サビキラープロが完全に乾燥していない場合はチヂレを起こす事があります。

9,シーラーとしても使用が可能です
 旧塗膜(水性系、溶剤系)の上に処理した場合は、
 強溶剤及び溶剤系(油性塗料)を塗った時に起こるチヂレ等のトラブルを止める効果があります。

10,サビを逃さないお知らせ機能付き
 浸透の弱い部分には色が変わり(茶色及び黒色)マーキングとして教えてくれるありがたい機能も付いています。
 ※茶色及び黒色に変色した場合は再塗布が必要です。



【主な仕様】

項目仕様
標準塗布量 0.14~0.18kg/m2
塗り面積 約 0.78~1.0m2/本(2回塗り)
塗装回数1~2回
希釈 -
塗装環境温度5℃以上 湿度85%以下
乾燥時間指触 約20分
塗装間隔 約1.5時間
(20℃の場合)
標準膜厚
(Wet)120~140μm
(Dry)30~40μm

引火点なし
消防法分類非危険物
 
■標準塗布量(1回塗り) サビキラープロ/0.14~0.18kg/m2
サビキラープロガンブラック/0.14~0.18kg/m2
UNDER BLACK サビキラーカラー艶消し/0.1~0.14kg/m2
UNDER BLACK サビキラーラバーロック/約0.25~0.3kg/m2
■塗り面積 【2回塗り】 【2回塗り】
サビキラープロ/約0.78~1.0m2
サビキラープロガンブラック/約0.78~1.0m2
UNDER BLACK サビキラーカラー艶消し/約1.0~1.4m2
UNDER BLACK サビキラーラバーロック/約0.47~0.56m2
■塗装方法 専用ガン ※コンプレッサー要

【特徴】

1.セットして噴くだけ
 「ラストロックシステム」のキーワード「クイック&イージー」の通り、噴くまでの準備はとても簡単。
 専用ガンに専用カートリッジを取り付けてピンを抜くだけです。
 ※ご使用にはコンプレッサーが必要です。

【簡単3ステップ】



2.水性/油性の切り替えも簡単
一般的なカップガン塗装の場合、
 1.塗料を変える場合には残った塗料を排出、
 2.カップの洗浄
 3.ガンの分解洗浄
 4.乾燥
 5.塗料の注入と多くの作業が必要ですが、
「ラストロックシステム」ならカートリッジの交換のみですぐに別の塗料を噴くことができます。

【塗料の切替え手順】



3.逆さ噴きも可能
特殊ジャバラ構造で逆さ噴きが可能です。
上向きや下向きでの噴射も問題なく出来るので作業効率もアップします。
カートリッジの向きも自在に変えられるので、カップガンがぶつかって塗装が困難だった場所でも
カートリッジを動かしながら塗装が可能です。



4.用具の洗浄が不要
面倒な用具の洗浄作業が一切不要です。
油性を使用しても用具の洗浄のために専用シンナーを用意して頂く必要はございません。
ラストロックシステムは「ピンをさす」「捨てる」これだけ!



水洗いも、シンナー洗浄も、用具の分解もすべて不要です。



5.噴射時の飛散が少ない
一般的なガン噴きに比べて飛散が少ないので、ロスも少なく塗装しやすい設計になっています。

6.サビキラーシリーズとのタッグで塩害をブロック!
サビがある場合はサビ転換の下処理をして上からアンダーコートを施工することによって、
サビの取り残しによる再発も、飛び石の傷や融雪剤などによる新たなサビの発生も防ぐことが可能です。

lt;サビのある場合gt;



サビが少ない場合や、サビのない場合はアンダーコート剤をそのまま塗装することが可能です。
サビている箇所だけサビキラープロをタッチアップするとより効果的です。

lt;サビのない場合gt;



7.下処理にはサビ転換下処理剤、防錆にはアンダーコート剤
商品展開は選べる4タイプ。
サビ転換塗料の1.サビキラープロ、2.サビキラープロガンブラック、
アンダーコート剤の
3.UNDERBLACKサビキラーカラー艶消し、
4.UNDERBLACKサビキラーラバーロック




■【下塗り】 ■【水性】錆の上から直接塗れる水性のサビ止め塗料! ■【サビキラープロシリーズ】【RUSTLOCK ラストロック】【サビ転換下処理剤】サビキラープロ/ガンブラック色【280g×6本】BAN-ZI BANZI サビキラーPRO水性錆転換塗料 さび封じバンジー/バンジ注:別途ラストロック専用ガンが必要です

2022/05/10

【山道具紹介】カシオ PROTREK Smart WSD-F20 電池交換の巻

えーと、アタクシは山行のログを記録するのに、カシオのプロトレックスマート「WSD-F20」を使用しております。

購入したのはおよそ3年前で、購入時点でその時の最新モデルより1世代前のモデルでした。

こちらを導入する以前は、スマホと山と高原地図アプリ、もしくはYAMAPで山行のログを記録していましたが、このフォーメーションだとスマホのバッテリー消費が大きく、山行の途中でスマホを充電する必要がありました。それが煩わしくて、ログを記録できる機器を探した結果、たどり着いたのがプロトレックスマートでした。

GPSなどの衛生測位システムを路用して行動のログを記録できるスマートウォッチは、Apple Watchを始めとしてたくさんありますが、その中でプロトレックスマートを選んだのは、アタシは昔からカシオ派だったから。
特にG-SHOCKが好きで、プロトレックスマートを導入する前は、山行ではG-SHOCKのガルフマスターを使用してました。なお、ガルフマスターはコンセプト的には山用ではなく海用ですが、トリプルセンサーのモデルなので(*^_^*)

それはさておき、このプロトレックスマートを導入しようと思った最大の理由は、地図が表示できることでした。デフォルトの地図もありますが、YAMAPやヤマレコのアプリを使って地図をダウンロードしておけば、スタンドアローンでウォッチ画面に地図を表示できるのですね。その地図にはGPSによる軌跡や現在地も表示できます。

スマホの画面でさえ地図を表示するのには小さいという意見がありますので、さらに画面が小さいスマートウォッチの画面で地図を表示しても役立つのか? と思われるかもしれませんが…かなり役立ちます。

確かにルートを一覧したり地形の確認したりなどの用途にはキビシイかもしれまんが、それをいうならどんな電子機器でも紙地図にはかなわないわけで、スマートウオッチで地図を使用した場合の最大のメリットは、ルート上での“現在地の確認”にあると思います。

かくいうアタシは、現在地をしょっちゅう確認するたちです。スマホの場合、現在地を確認するのにいちいちザックのポケットから取り出す必要があります。さらに確認できたらまたスマホをしまうという行為も必要です。この間もちろん足は止まります。
しかし、プロトレックスマートの場合は、腕時計を見るのと同じ動作にプラスして、画面をタップすれば現在地が表示されます。もちろん足は止まりますが、その時間は格段に短い。また、道が険しい際とか、疲れている際など、この手軽さがけっこう利いてくるンですな。サクッと確認できますので。

また、プロトレックスマートは二重液晶のため、地図画面がスリープしている際にも時間が表示されています。コレが見やすくて便利です。数字もサイズも大きく、小さい文字が苦手なおっさんのアタクシにも実にやさしい(*^_^*)

そんなこんなで、山行には欠かせないアイテムとして、また普段使いでもヘビロテで使用していたところ…バッテリーの持ちが悪くなりました。

それまで、山行でYAMAPアプリを使ってログを記録していた場合、日帰りならば充分バッテリーが持ちました。
泊まりでの山行時には充電用ケーブルも持って行き、1日の山行が終わったあとに充電しておりました…煩わしいといえばかなり煩わしいですが、スマートウォッチの宿命なので仕方ありません。

しかし、そろそろ3年を経たあたりで、ガクッとバッテリーの持ちが悪くなったんですね。
日帰り山行でログを記録していると、下山するまではなんとか持ったとしても、自宅に着くまでは持たないようになりました。
また、普段使いでも、満充電から2日は持っていたのに、24時間…とはいわないものの、2日は持たなくなってきました。

それでもダマしダマし使っていたのですが、ついに山行の途中でバッテリーが切れてしまう自体になりました。
その際は、満充電で自宅を出て登山口まで約3時間。スタートからYAMAPアプリでログを記録し始めて、8時間とちょっとで気が付くと時計の画面に何も表示されないようになっていたのでした。

そんなこんなで、どうしようか迷いましたね。
まぁ、バッテリー交換をするしかないところですが、ちょっと気になる点もないわけではありません。

まずはバッテリー交換費用。これ調べるとすぐにわかったのですが、調べる前は果たしてどれくらいかかるものか…と、ビンボーヒマなしなアタシは戦々恐々( ̄。 ̄;)

もうひとつの懸念は、プロトレックスマートはアタシの所有するWSD-F20よりも後に出たモデルも含めて全モデルが生産終了していること。
メーカーサポートがいつまであるのかけっこうヒヤヒヤなのに加え、サードパーティーのアプリだって、いつまで対応してくれるかわかったものではありません。

愛用品ではありますが、それもあってこれを機に別の機器を導入しようかと少し検討しました。

まず手持ちのものを利用しようと、ランニング時に使っているスントのスパルタントレーナーを山行に持ち込んでみました。
こちらはログを記録するだけならいいのですが…リスト上の画面で地図&現在地を確認するスタイルに慣れきってしまっているため、使い勝手が食い足りない感じ(個人の感想ですw)。

地図表示がマストなると選択肢はほぼなく、Apple Watchかぁ~と、思ったものの、前述のとおりアタシはカシオ派ですので、それも躊躇があります(*^_^*)

ではバッテリー交換の方はどうか?

まず、考えたのはDIYでの電池交換。
アタクシ、G-SHOCKの電池交換ならいくつも自分でしたことがあるんですね。
しかし、果たしてプロトレックスマートでそれができるのかわかりませんし、iPhoneみたいに交換用充電池が通販などで入手できるのかもわかりません。また、できたとしても、機密性、防水性などを保てるのかという問題があります…山行で使うものですからねぇ( ̄。 ̄;)
なので、DIYでの電池交換はすぐに断念。

となるとメーカーに交換してもらうことになりますが、果たしてどれくらい莫大な額がかかるのか? ビビりながらカシオのサポートを調べてみます。

すると充電池交換の料金は4000円+税とのこと…なんだ、これなら手が届きやすい(あくまでも個人の感想ですw)。

ホッとして電池交換を申し込んだ次第。

まずはWEB上でメールアドレスなどを登録して、送付方法を選びます。
かつてG-SHOCKのフロッグマンの電池交換をした際(フロッグマンなのでさすがにDIYはしなかった)には秋葉原の修理センターに持ち込みましたが、今回は送付することにします。

費用の支払い方法はクレジットを選びます。
料金は、WEB割引(200円)が適用され、かつ返送料金が700円となったので、4500円+税となりました。
修理依頼の画面となり、これをプリントアウト。メールにある送付先へと送付いたしました。

修理依頼品が先方に到着すると、また受付完了のメールが来ました。
それから4日後修理完了のメールが来ました。さらに決済が済むと送付のメールがきまして、モノが戻ってきました。
その間、送付手続きから8日。大型連休中でしたので、通常営業だったらもっと早かったかもしれません。


工場出荷状態に戻っているハズなので、セットアップをしようかと
思ったところ…オロ?( ゚д゚)

工場出荷状態になってない。
セットアップには、Wi-Fiにつなげられるようにしたり、アプリのダウンロードやらBluetoothでスマホとペアリングするやらけっこう作業が多くて、面倒だなぁ~と思っていたので、コレはウレシイ誤算でした。

前述のように生産終了モデルなので、今回のようなメーカーサポートがいつまであるのか、また、サードパーティーのアプリ(とくにYAMAP)がいつまで対応していてくれるかなど心配はありますが、それでもまだまだ使っていきたいと思う次第。少なくとも今回交換した充電池が持つ間は…。


2022/05/05

【山道具紹介】オスプレー/ストラトス24 修理依頼の巻

えーと、ちょっと前のハナシですが、ザックを修理に出してみました。

修理したのは、以前紹介した「オスプレー/ストラトス24」です。

下を向いてヘロヘロと生きているへたれハイカーの丸まった背中にもピタリと決まる高いフィット感が素晴らしく、実に気に入っております。
背面の構造のためか、スペックほどには荷物は入れられない印象なため、荷物の嵩が比較的少なくなる夏場の山行に使おう…などと考えていたのですが、そのフィット感のよさから季節を問わずに使うことが多く、すっかりヘビーローテーションとなっておりました。

…そのせいでしょうか?
ある山行の際にチェストハーネスが破損してしまいました。

チェストハーネスの位置はショルダーハーネスの取り付け部分がスライドして高さを調整できるようになっているのですが、アタシはこの調整のストラップの端を握って強引に位置をスライドさせようとして、付け根のスライダーが破損してしまった次第。
まぁ位置を調整する際には、ちゃんとスライダー部分をつかんでスライドさせなきゃいけない…つーことですよね。

破損してしまったものは仕方ありません。
ただ、かなりヘビロテなザックなので同じものを買うしかないか…と、ビンボーなへたれサラリーマンには痛い出費になると、ションボリした思いでした。
ただ、そのころロストアローのオンラインストアにオスプレー製品がけっこうアップされており、ストラトス26などもかなりお手頃な価格で売っていたんですよね(*^_^*)

しかし、ふと思い着きました…ザックって修理できるのか? 
家電品やクルマなど工業製品なら故障したら修理しますよね。それに山用品でも、テントを修理に出したこともあります。ならばザックだって…と、輸入代理店のロストアローのホームページを見ると、オンラインストアの問い合わせフォームの項目に「修理・メンテナンスについて」というものがありました!

なので、破損箇所について修理が可能か? 可能であれば修理価格の目安を教えてほしいと内容で送信します。画像も添付も可能でしたので、破損箇所の画像も送ります。

すると、すぐにメールで返信がきました。
もっと待たされるかと思いましたが、3時間ほどです。

内容は、

・修理可能であること
・修理の製品は持ち込み、送付いずれも可能
・修理料金の目安は720円(税別)。ただし、実際の製品をみてからの判断となる
・期間は商品到着から2週間ほど

ということでした。

かなりホッとしましたねぇ。
修理が可能ということはもちろんですが、なにせもともとが中古で購入したものですからねぇ。修理代金があまりにかかるようなら、新品購入の方がいい…と思っていたからです。

この見積もりの修理料金であれば、送付料金を含めて2000円くらいで済みます。
ならばということで修理をお願いすることにしました。

メールに記載されていた送付先へとザックを送ります。

待つこと数日…先方へモノが到着してから5日目に、修理を完了したので返送するというメールがきました。
期間は2週間とあったので、ちょっとビックリでしたね(*^_^*)

修理料金は見積もりどおりの額で、支払いは代引きでしたのでその手数料込みで1000円とちょっとでした。

こうして無事に元に戻ったストラトス。
前にも増してヘビロテで使ってますが、今回の破損は、アタイの扱いが雑だったためですので、今後は扱いは丁寧になければ…と、海より深く反省した次第。


2022/05/04

【表~東丹沢】大倉~塔ノ岳~丹沢山~宮ヶ瀬湖ヘロヘロ縦走(日帰り)②

さて、竜ヶ馬場のピーク手前にある休憩所にたどり着いたアタクシは、こちらのベンチに陣取って昼食にします。

計画では丹沢山まで行ってから昼食を…とも考えていたのですが、すっかりお腹が減ってしまったもので(^^;)

周囲はガスっていて、正面に見えるハズの大山も白い紗幕のような霧の奥に隠れてしまってましたが、塔ノ岳は見えていましたね。

昼食後が再び主脈の稜線上を丹沢山を目指して歩きます。

竜ヶ馬場のピークは休憩所からほんの直ぐのようですが、とくに標識とかもないようです。
この辺りかな~と思って写真を撮ります。

さらに緩やかな傾斜に設置された木道を進むと、


丹沢山に到着です。

山頂の標識前でセルフの記念撮影。
あんまりこういう写真は撮らないのですが、3年ぶりなので(*^_^*)

主脈方面はまたいつか行きたいところです。

この先宮ヶ瀬へはまだ10㎞以上かぁ(^^;)

みやま山荘の前を通って、

山頂スペースのベンチでちょっと休憩。
以前このベンチの前は大泥濘地帯と化していましたが、今回砂利が敷いてありました。その分、ベンチの座高は少しベンチが低くなってました。

宮ヶ瀬方面に向かいます。

ほんの数分で塩水橋方面との分岐を通過しますと、丹沢三峰へと向かう未踏の道です。

しばらくはゆるやかな傾斜の道が続きます。

アタリのやわらかい土路面。へたれハイカーの好む道ですので、「こりゃあええわいwww」と、ヘラヘラと進んで行きます。

丹沢山の山頂から30分弱で瀬戸沢ノ頭を通過。

さらに10分ほど上りますと、

太礼ノ頭をに到着。
こちらが丹沢三峰の西峰になります。

ピークを越えましたから、道は下りになります。
下りつつ前方に目を向けますと…ウオッ∑(゚Д゚)

鋭くトンガッた頂稜が見えます。

アレが三峰のうちの中峰ってこと?
あんまり認めたくない光景ではありますが、厳然たる事実として前方にそびえております(*´Д`*)

そして、案の定急傾斜の登り返しが待ってました。
ソレまであんまりなかった木の階段も設置されています。

キビシイ上りが10分ほど続いたでしょうか…

すっかり息も絶え絶えになったころに中峰の円山木ノ頭に到着です。

ピークを越えれば、やっぱり下り。
そして、前方にはお次の頂が見えています(*´Д`*)

西側の視界が開けたトコでは、蛭ヶ岳方面が見えていましたかね。

で、下り切ればまた上りです(*´Д`*)

東峰の手前の無名ノ頭というピークを通過しまして、

いったんちょっと下ります。

再び上りになり

ようやく東峰の本間ノ頭に到着しました。

こちらのベンチでしばし休憩。
ここまで丹沢山から1時間半ほど。決して楽々とはいいませんが、それでもテクニカルな箇所などなく、へたれハイカーのアタイでも順調に進んでいます。
しかし、スタートから考えるとすでに6時間以上が経過してますので、そろそろくたびれてもきています。
それなのに行程としては、まだ2/3ほどです。先の長さを考えると、ちょっとションボリ(´・ω・`)

ただ、基本的にはこの先はもう高度を下げて行くのみ、アップダウンの繰り返しよりはなんぼかマシだろう…などと思ったのですが、甘かった。
結論からいいますと、この先も相変わらずシンドカッタ(*´Д`*)

確かにアップダウンの繰り返しではくなりましたが、今度はひたすらの下りとなります。
しかも、バカ尾根に匹敵するとはいいませんが、それに負けず劣らずの長~い下りです。

下山マシーンと化して無心に下って行ったアタクシですが、強烈な急降下といったテクニカルなところはないものの、とにかく延々と続く下りがへたれハイカーの気力、体力、時の運をバッサバッサと削って行き…とどのつまりは、いつものごとくすっかりヘロヘロです。

それでも先へは進まねばなりませんので、ヘロヘロと下ること1時間で、道は尾根上から離れて南側斜面をトラバースするようになります。

松小屋ノ頭というピークは巻いていますが、この辺りがピークの下だったかも。

さらにヘロヘロと進んで行きますと、道幅がますます狭くなり、クサリが渡されている箇所に出ました。
どうやら金冷シまで下ってきたもようです。

金冷シというのは、言葉を選ぶと肝を冷やすような場所につけられるようです。たしかに足場はあまりしっかりしていない感じで…この終盤に来てコレはシンドイ(*´Д`*)

これはビリビリにシビれた岩場をクリアしてから振り返っての撮影。岩に切れ込みがあり、足場となっていましたが、濡れていたとするとかなりシンドイ感じの場所。

同じ地名が大倉尾根と鍋割山稜が合流する辺りにもありますが、こちらの方がシビれ具合はキビシカッタですねぇ。

金冷シをクリアして、しばらくはトラバースが続きます。

植林帯に入ると、青宇治橋方面との分岐を通過。

高畑山は巻くこともできましたが、ここはピークに向かいます。


巻き道との分岐から5分ほど上ると高畑山のピークに到着しました。
ベンチがありましたので、へたり込んで休憩します。

丹沢三峰の東峰からここまで1時間40分ほどひたすらに下ってきたうえに、金冷シにも苦戦しましたので、カラダはもうかなりヘロヘロです。

ところが山頂の標識を見ると、まだ宮ヶ瀬ま4㎞近くあります。折れましたね。ココロがポッキリと(T_T)

しかしココロが折れても、高畑山のピークではさすがにリモートワークができませんので、気を取り直して再び下りにかかります。

時刻はもう16時を回っていて、光の少ない植林帯などは、もうかなり暗い。写真じゃあそんな感じには写ってませんが(*´Д`*)

私の持っている版の山と高原地図には「夏期ヒル注意」と掲載されている辺りを通ります。
路面には落ち葉が溜まっていて、いかにもな雰囲気…足早に通り過ぎたいトコロですが、もうヘロヘロですので、ヨレヨレとしか進めません。

御殿森ノ頭は道から外れるもののピークを踏めるもようでしたので、行くか迷いましたが…

行ってみると祠がありました。
後で詳細地図を確認したところ御殿森ノ頭のピークは別の場所にあるようですね。ークですね。

木々のすき間から見えていたのはどの辺り峰々なのでしょう?

トレイルに戻りまして、5分足らずで春ノ木丸方面との分岐の辺り? アタシにはちょっと判別がつかなかったです(^^;)

いかにもヤマビルが出そうな雰囲気の中をヘロヘロと進みます。

宮ヶ瀬湖が間近に見える位置まで下って来ました。

登山ポストを通過し、

三叉路登山口まで到着しました~ッ

舗装路を歩いて三叉路登山口に行きましたが、バスの時間まではけっこうあるうえ道っ端なので、

ひとつ先の宮の平バス停から乗車した次第です。

そんなこんなで無事に終了した今回の山行ですが、コースのおよそ半分にあたる丹沢山まではCTよりは1時間巻いていたのに、ゴール着はCTより30分速かっただけ。つまりは後半はCTよりかかったってことですね。大倉尾根ほどではないものの、長~い下りや金冷シに手を焼いたってことですかねぇ。
かなりガツンとした山行になりましたので、今シーズンの丹沢のフィナーレにふさわしかった…のかな?

なお、ヤマビルに関しては遭遇しなかったのでよかった~などと思っていたのですが…ゴール後にバス停で帰り支度をしつつスパッツを脱ぐと、そこに1匹くっついていましたとさ(||゜Д゜)ヒィィィ

【DATA】
08:08大倉バス停~08:30観音茶屋~08:43雑事場ノ平~08:47見晴茶屋~09:03一本松~09:25駒止茶屋~09:39堀山の家~09:59天神尾根分岐~10:32花立山荘~10:40花立ノ頭~10:44金冷シ~11:02塔ノ岳~11:29日高~11:42竜ヶ馬場休憩所12:18~12:21竜ヶ馬場~12:38丹沢山12:50~13:16瀬戸沢ノ頭~13:27太礼ノ頭~13:49円山木ノ頭~14:07無名ノ頭~14:23本間ノ頭14:29~15:25松小屋ノ頭~16:07高畑山16:13~16:35御殿森ノ頭~16:44御殿森~17:23三叉路登山口~17:27三叉路バス停


2022/04/30

オーデリック 和風ブラケットライト OB255208LDR 1台

えーと、表丹沢から東丹沢へと縦走してきました。

何度も書いていることですが…ヤマビルに会いたくないアタクシが丹沢に訪れるのは冬場がメインです。前回(4月初旬)の西丹沢への山行は、ヤマビルの活動が活発になるギリギリの時期で、今シーズンのラスト丹沢になるかなぁ~と思って出かけました。

しかし、ロングに歩くつもりが、暗くなる前に下山を完了するには時間がキビシいという判断をして、予定を変更。途中で下山という結果になりました(くわしくはこちら)。
後で振り返りますと、アタイが思っていた以上に日は長くなっていたので、もし予定どおり行動しても山中で暗くなるようなことはなかったなぁ~と忸怩たる思いが残ってしまいました。

そんなこんなで、この忸怩たる思いを払拭するには、もう一度丹沢へ、しかもできるだけロングなコースに行こう! と決めました。
それに、ちょっと気になっているコースもあったんですよね。それが今回縦走した丹沢三峰です。

数年前に塩水橋から丹沢山~蛭ヶ岳へと日帰りした際に、丹沢山の手前の道標に「丹沢三峰線」という表示があり、興味を持ちました。
調べると丹沢山から宮ヶ瀬湖方面へと続く稜線を歩くコースでした。東丹沢はあまり歩いたことがないため、食指は動いたものの、宮ヶ瀬からピストンした場合も、大倉からバカ尾根経由で丹沢山~丹沢三峰~宮ヶ瀬と歩いた場合もおおよそ20キロの行程となり、日帰り専門のアタシが訪れるとすると、日が長い時期でないとなかなかシンドイなぁ~と思っておりました。
しかし、日が長い時期となると別の問題があります。東丹沢方面は丹沢の中でもヤマビルがことさら多いエリア…とのこと。そうなるとなかなか足を向ける気にはならなかったのですね。
で、今回ロングに歩こうと思った際に思い出したのが、このコースでした。スタート時刻を早くできる大倉からアプローチするとして、宮ヶ瀬へのCTはおよそ10時間。4月の後半ですから日はなんとかなるとは思いつつも、ヤマビルに遭遇するのを嫌がっているくせに、その活動が活発になり始めるこの時期に行くのはどうしたものか…とかなり躊躇しましたねぇ。
とはいえ以前塩水橋から丹沢山~蛭ヶ岳へと縦走したのはGWで、その際にはヒルには出くわしませんでした。ならば今回も…と思いまして、エイヤと出かけた次第です。

ってなわけでございまして、スタート地点の大倉へと至ったアタクシ。思い起こすにこの時期に大倉に来たのは初めてで、そこにいるハイカーの数にはかなり驚きましたね。冬場でも丹沢は人が多いと思っていたのですが、それと比べて数倍はいたんじゃないかなぁ( ゚д゚)


大倉尾根を歩くのはおおよそ2ヶ月ぶり。この時期になると、道の周囲の木々にも緑が目立つようになり、新緑のプロムナードみたいになっている箇所もありましたね。

前回の大倉尾根から塔ノ岳というコースでは、自己最速のCTを叩き出しました。
この日は気温が高くて(甲府では真夏日になったとか)、汗が噴き出してキャップのひさしからポタポタと垂れるほど。前回の大倉尾根から塔ノ岳というコースでは、自己最速のCTを叩き出しましたが、今回の暑さのためか、ペースは上がらずいつもどおりの感じで進みます。


1

何度も通った道ではありますが…堀山の家を過ぎ、立花山荘にいたる行程あたりは、傾斜もキツく、人工階段なども多くてなかなかにシンドイ箇所ですね。

まぁ、傾斜がある分、高度はグングンと上がりますので、視界が広がる立花山荘の直下辺りでは、気持ちいい眺望が得られます。

立花山荘での休憩を挟んでさらに進みます。立花山の手前はちょっとアルペンムードがあり、アタシの好きな光景ですね。

立花山へ到着。
ここで塔ノ岳の頂稜を間近に臨めるうえ、本日の目的地のひとつである丹沢山も臨むことができます。

金冷シを通過して、

塔ノ岳山頂へと到達しました。


スタート地点と同様に、山頂スペースにもハイカーがいっぱいでした。

ちょうど雲がかかってきてしまったようで、眺望もよろしくはありませんでした。

西丹沢方面と、

これから向かう丹沢主脈方面が見えてる程度。

人が多くて落ち着かないので、少々休憩したのみで丹沢山へと向かいます。

塔ノ岳山頂からはいったん下り。

視界が開けて主脈方向がよく見渡せる箇所があります。

主脈を歩くのはおおよそ3年ぶりですかね。よく整った歩きやすい土の道なので、へたれハイカーのアタイもズガズガと進めます。

塔ノ岳山頂から10分とちょっとで、鞍部っぽい箇所を通過します。

その先は丹沢山に向かって上りが続きます。

塔ノ岳から20分とちょっとで日高を通過。

ピークを過ぎれば少々の下りもあり。

主脈上での天候はイマイチすっきりしない感じの曇り空でしたが、それでも少し眺望がいい時もありました(*^_^*)

木道などをガシガシと進んで、

竜ヶ馬場休憩所に到着しました。

ここは大山が間近に見えるトコなのですが…ガスっていてまったく見えませんでしたね。

続きます。


2022/04/22

ノート・ふせん・紙製品 ノート セミB5・B5 (まとめ) コクヨ キャンパスノート(ドット入り罫線・カラー表紙) セミB5 A罫 30枚 ピンク ノ-3CAT-P 1冊 【×100セット】

この二本杉峠は東側の細川橋から登ってくるルートがあり、計画時にはそのルートも検討しました。しかし、より長く歩けるルートしてミツバ岳経由を選んだ次第だったのですが……。

ともあれ、こちらのベンチで昼食をとります。
周囲は植林帯に囲まれており、まったく見通しが利きませんでした。なのに強い風が吹きつけてきて、バーナーの炎が煽られたりして難儀しました。この峠の前後では全然風がなかったので、風の通り道だったかしら?

昼食後は屏風岩山へ向かいます。
小ピークに西側を巻くように道が延びていましたが、この道が…ウオッ∑(゚Д゚)

幅がもの凄く狭いトラバースでした。
アタイのきらいなシチュエーションですので、おっかなびっくりヨレヨレと足を運びます…周囲が木々に囲まれていて高度感がないのでよかった(^^;)

そのトラバースを過ぎますと、今度は…ウオッ∑(゚Д゚)

見上げるような急斜面の細い尾根を登るもようです。
地図を見るとルートに間違いはないようなのですが、本当にココを登るのかにわかに信じがたい感じ。尾根の東側斜面を巻くような踏み跡がある…ように見えます。
しかし、尾根上にはリボンらしきものも見えるし、登山靴らしい足跡なんかもある…ように見えます。
迷いはしたものの、コレは登るのが正解だと判断し、急勾配の尾根をよじ登ります。

結果として正しかったのではありますが…なかなかにシンドイ急坂でした(^_^;)
写真はしばし登って振り返ったところ。いつものことですが、アタシのへたれな写真だと、急傾斜っぷりが伝わりませんねorz

ただまぁ、その傾斜は長くは続かず、10分ほどでゆるみます。

その先は尾根の幅も広くなり、歩きやすい道がしばし続きます。

多少のアップダウンなどもありますが、穏やかな感じなのでへたれハイカーのアタイもズガズガと進めます。

そんなこんなで屏風岩山に到着。
当初の予定では畦ヶ丸まで行くハズだったのですが、途中で下山してしまいましたので、結果としてこちらがこの日の最高標高地点となりました。
特に何もない地味ぃ~なトコでしたけどね(^_^;)

ここまでの道のと屏風岩山の山頂をここまでの道の方向どおり進もうとすると、畦ヶ丸方面には行けません。立木に×マークが着いていました(ヤマレコの「みんなの足跡」を見ると行けないこともなされそうですが)。

大滝峠に向かいます。

こちらも穏やかな感じの道が続きます。ちょっと丹沢っぽくない雰囲気だったかなぁ

ヘラヘラと進んでいましたが…また別の尾根に進んでしまいそうなポイントがありました。油断は禁物ですね(^_^;) 枝が進入禁止を表していたのでしょうか? 

この道標のところが大滝峠と思ったのですが、後で地図を確認するともう大滝峠が通過していたようです。気が付きませんでしたorz

で、その道標から先がまたも急斜面の上りとなっていました(>_

たちまち息も絶え絶えになりつつ登って行きますと、ベンチが見えて来ました。
大滝峠上に到着したもようです。

見るとベンチの手前ロープが渡されていていました。畦ヶ丸方面下ってきて、もしくは大滝橋から登ってきた場合、この日アタイが通って来たルート方面にシャットダウンされているということだった…? 通行禁止とかの情報はなかったので、どうしてロープが渡されていたのか不明です(-_-)

ともあれ、ベンチで休憩。
そして今後について考えます。

予定では、この先は畔ヶ丸経由で西丹沢ビジターセンターまで行くつもりです。
しかし時刻は14時。ここまでCTよりは早く着いているものの、もうちょっと早く着いていたかった…というのが正直なところです。

かつてここから畔ヶ丸に登り、西丹沢ビジターセンターへと下ったことがあります。その際と同じCT進んだとすると、山中で17時を回り…日が長くなったとはいえ、山中で17時を間わるのはなかなかにキビシイ時間です。
また、乗ろうと思っていたバスの時間にも間に合いません…もう30分は早く着けると読んでいたアタイの見込み違いなのですが、まぁ後の祭りですね(´・ω・`)

…ってなわけでございまして、畔ヶ丸への登頂はスッパリと諦めて、下山することになりました。

予定よりも早く下山するとなれば、逆に乗ろうと思っていたバスよりも1本前の時刻のバスに乗りたいところです。ココロモチ急ぎで足を運びます。

幸い道はよく整っているので(東海自然歩道だから?)、下りの苦手なアタイでもガシガシと高度を下げて行けました。

谷筋まで下ってきますと、ここにもミツマタが咲いておりました。

さらにガシガシ下り、

一軒小屋避難小屋を通過します。
ここまで大滝峠上から30分ほど。

沢沿いの斜面をトラバースして行きます。

この桟道は補修してありましたが、注意が必要な箇所でした。

しばしトラバースが続きまして、

この大滝沢へと下りる岩場はなかなかにシビレました。岩が濡れていたらかなりシンドカッタと思われ(^_^;)

大滝沢沿いを進みます。

ズシズジと進んで林道まで下りてきました。

コンクリート舗装(なのかな?)の道を進み、

ゲートを過ぎて、

大滝橋のバス停でゴールしました。

そんなこんなで、なんとか無事に終了した今回の西丹沢の周回でしたが、登りにしろ下りにしろ、かなりの急勾配があってなかなかに歯ごたえがある感じでしたねぇ。
標高があんまり高くないということで、ナメていたとはいいませんが…割とイージーに考えていたのを思い知らされました。
出がけには今シーズンの西丹沢は、今回で終わりかなぁなどと思ってましたが…自分の読み違いによる予定変更にちょっと忸怩たる思いが残ってしまった山行でありました。

【DATA】
08:51浅瀬入口バス停~09:14滝壺橋~10:08ミツバ岳10:19~10:58世附権現山11:02~11:34二本杉峠12:13~13:08屏風岩山13:13~13:37大滝峠~13:47大滝峠上14:03~14:25一軒小屋避難小屋~14:44マスキ嵐沢標識~15:11大滝橋バス停


«【西丹沢周回】息もつかせぬ急登の連続! ミツバ岳~世附権現山~屏風岩山 (日帰り)①

除菌抗菌スプレー シトラバスター 4L
マトメテ割対象500円引!MY-MD035-05 【送料無料!!】マドンナ 金華山 フロアマット 各色 運転席 フル・NEWファイター H04/07~H17/09FUSO FIGHTER ファイター 三菱ふそう 中型 フルコン
溶接リング 28mm×200mm ASANO(浅野金属) AK12591
S3-25MB 愛車を個性的にセンスアップ ホイールスペーサー スチール製(ボルト付き) 競技専用 G-trick/ジートリック G-trick ジートリック SUPER SPACER SYSTEM3 25mm 5H 112/5 66.5φ ハブ付 Mercedes-Benz M12mm S3-25MB
【 父の日 に】 ちょこっとアクションパッド(カバー付)
BAN-ZI 引き取りセット お買物合計11 海外メーカーの消火器は対象外です 錆の上から直接塗れる水性のサビ止め塗料 1本のご購入につき バンジ注:別途ラストロック専用ガンが必要です 消火器の事なら当店にお任せください 中性強化液 サビキラーPRO水性錆転換塗料 ■ ご購入本数以上の回収は別途費用にて承ります ※リサイクルシール付 ※沖縄 RUSTLOCK ハロン消火器などの引取は致しかねます 消火器 LS-3AN-HS 転倒式化学泡消火器 280g×6本 ご希望の場合はお手数ですが当店へお問い合わせ下さい ラストロック おたすけ丸 2022年製 蓄圧式 ガンブラック色 離島の引取は致しかねます 水性 1本の引取 サビ転換下処理剤 サビキラープロ 日本ドライ ※国家検定の消火器が対象です 下塗り 消火器の引取条件について※引き取りセットは さび封じバンジー の内容となります サビキラープロシリーズ ※格納箱 設置台 1~9本 8041円 000円以上で送料無料 点検報告 BANZI
マーカーのインク落としに! (まとめ)寺西化学 ギター ガンコ インキ落とし 大型タイプ GELP 1本 【×30セット】
式:H26 下塗り 11 最新情報はメーカーHPでご確認ください シエクル サブコン_燃調_制御 :設定無備 番:MCP-P08S車 さび封じバンジー 必ずご確認ください 用ミニコンプロVer2 応 水性 車 RUSTLOCK 280g×6本 ※適合車種については商品登録時点でのデータですので BANZI ラストロック J-ROAD 簡単操作で燃調 錆の上から直接塗れる水性のサビ止め塗料 LA700S_LA710S - 年 サビ転換下処理剤 ブレード 対 種 表品 for 設定のある車種のみ H26 MCP-P09S Turbo サビキラープロシリーズ 11974円 ウェイク型 サビキラーPRO水性錆転換塗料 バンジ注:別途ラストロック専用ガンが必要です ■ 名:DAIHATSU ガンブラック色 式:LA700S_LA710Sエンジン:KF BAN-ZI ウェイク_KF オプション 考:-----注意事項:※レスポンスブレードを併用することで低中速トルクが大幅に改善されます 制御ポイントが操れる サビキラープロ
簡単交換で燃費向上、CO2低減、馬力アップ 永井電子ULTRAシリコンパワープラグコード PEUGEOT 205 GTI E-20CT 1987~ XU5JA 品番2839-20 黄色
280g×6本 下塗り サビキラーPRO水性錆転換塗料 メ―カー 45g BANZI 7993円 ガンブラック色 サビキラープロシリーズ さび封じバンジー 区分 日本製 容量 ■ 製造国 サビ転換下処理剤 サビキラープロ 国内正規品 RUSTLOCK バンジ注:別途ラストロック専用ガンが必要です 商品名 ステムサイエンスエマルジョンa 水性 商品説明 エピステーム BAN-ZI episteme 化粧品 ラストロック 錆の上から直接塗れる水性のサビ止め塗料 やわらかく解きほぐし 弾むようなハリ
Sexes mini album yellow XP-1001-50 4974214128439 ハーパーハウス ミニフリーアルバム XP-1001 イエロー セキセイ 4974214128439(20セット)
OBDデータ計測によるブースト圧とサブコン使用時などセンサー 新しいオープニング動作エンジン始動時のオープニング動作は OBD2コネクターを利用する他社の製品とは併用できません ■ ■品番DRX-B■メーカーpivot デジタル 11565円 メーカー在庫が欠品の場合 4■エンジン型式S07B 水温 RS 細かな変化がわかるデジタル表示に特性に応じた複数表示と 商品の変更は一切お受けしておりません メーカー希望小売価格はメーカーサイトに基づいて掲載しています 在庫 OBDへ簡単装着 OBD 4 T フタ付の場合あり さび封じバンジー JH3 納期について ご注文前に必ずご確認下さいお急ぎの場合はご購入前に納期確認をお願い致します ユニット不要 又はご注文のキャンセル処理を行わせて頂きます GAUGE 吸気温 返品 仕様変更になっている場合があります 別売ブーストセンサー ガンブラック色 他決済方法への変更依頼 1~2ヶ月以上のお時間を頂く場合がございます ピークホールドエンジン始動後のピークホールド値を表示可能 N-WGN キャンセルに関して メーターホルダーを付属メーターを様々な場所に両面テープなどで簡単に設置できるフルカバータイプのメーターホルダーを付属 特長変化を読み取りやすい指針表示と 代金引換と後払い決済がご利用頂けません DRX-B ブースト計 デュアルゲージRS 代金引換や後払い決済でご注文頂いた場合は 3. ご購入の際はメーカーサイトに記載されている対応車表をお確かめください pivot バンジ注:別途ラストロック専用ガンが必要です 純正品以外のECUやサブコンを使用時は正常に表示できない場合があります お客様都合による返品 ピボット 下塗り サビキラーPRO水性錆転換塗料 メーターホルダー付属 サブコンにも高精度 ■コネクター位置商品画像7枚目4:運転席足元左側 サビキラープロ 通常即日~4営業日以内に発送致します 錆の上から直接塗れる水性のサビ止め塗料 280g×6本 キャンセル ブラックベゼル窓ガラスへの映り込みや外光の乱反射を抑える艶消しブラックベゼルを採用 C 装着による計測も可能 別売 お客様にご確認の上 従来品の3.5秒から1.5秒に短縮 ■備考■商品説明 デュアル表示指針表示とデジタル表示に複数のデータを見やすく表示 サブコン使用時にはセンサー装着することでより高精度な計測も行えます ホンダ■車種N-WGN■年式R1.8~■車輛型式JH3 指針表示 適合未確認でご購入された商品のキャンセルは一切お受けしておりません 納期 ■納期メーカー取り寄せ品の為 2. RUSTLOCK スピード またはセンサー BANZI メーカーにて予告無く廃盤 計測値 サビキラープロシリーズ 水性 DUAL ブースト計■自動車メーカーHONDA ラストロック メーター部のみで別ユニットも不要とすることで更に簡単な装着ができ ブースト圧 ■ご注文時注意事項※こちらの商品はメーカー直送品の為 ピボット■商品名DUAL ホワイト照明に3段調光照明色はホワイトに便利な3段階の照度調光機能 サビ転換下処理剤 ※ BAN-ZI 電圧■注意事項1. XBS
【銀行振込不可】 【新品】【DVD】仮面の王 イ・ソン DVD-BOXII ユ・スンホ
サビ転換下処理剤 BANZI 13745円 さび封じバンジー 下塗り フォックスファイヤー ブランド BAN-ZI 280g×6本 Foxfire サビキラープロシリーズ 錆の上から直接塗れる水性のサビ止め塗料 サビキラーPRO水性錆転換塗料 MPN アクアガードシリーズ 7421763 サビキラープロ RUSTLOCK リュック ■ ラストロック バンジ注:別途ラストロック専用ガンが必要です ブラック ガンブラック色 水性
ワニ皮ケースのベストセラー 腹ワニ革最高級印鑑ケース直径18ミリ長さ60ミリ用銀色枠(シルバー) 鶴亀刺繍 朱肉付送料無料 消費税込
別途組み立て 販売は商品のみであり サビ転換下処理剤 軒先下ろしです での配送となります ベーシックな機能をまとめたアパートや小住宅に最適なキッチン サビキラープロ 180cm BANZI 7831円 BAN-ZI 配送可能か確認してください 工事の手配は ご注文者様にて行う必要があります また再配達不可能となりますのでご理解ください WGTS-180 サビキラープロシリーズ 商品のみ価格です 全長8440mm 水性 錆の上から直接塗れる水性のサビ止め塗料 さび封じバンジー 280g×6本 ショート吊戸棚 再配達不可 クリナップ 納期については納期確定後の納入日変更は不可です 全高2440mm 掲載商品については 下塗り ラストロック 工事 全幅2240mm RUSTLOCK ガンブラック色 WG4V-180 設置を行っていただく必要があります メーカー便配達 配送について4tロング車 サビキラーPRO水性錆転換塗料 バンジ注:別途ラストロック専用ガンが必要です 施工などは付帯されておりません 荷受については クリンプレティ ■
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31